23歳OLのセックスフレンド募集日記

わたしは、4年ほどお付き合いしている彼氏がいます。彼は不動産の営業で週末は絶対に休めない、わたしはカレンダー通りのOL。
そのすれ違い生活のおかげで、彼と会えるのは月に1回程度になってしまいまいた。家は近いのに。
だんだん寂しくなり、もう限界というところで何件か出会い系サイトに登録しました。
その中で一番お世話になったのが、ハッピーメールでした。わたしにはなんでも話せる友人A子がいるのですが、A子に教えてもらいました。
A子はもう数名と出会っており、その当時は3名セックスフレンドがいる状態でした。
わたしは登録した初めの頃は半信半疑でした。
1日に何通かメールがくるものの、セックスフレンドというよりは援助交際のような、
年齢がすごく離れている男性からのお誘いが多かったのですが、自分から探してみると同世代の男性も多いことがわかりました。
そこで、気にとまった男性(仮にBさんとします)に連絡を取ってみました。メールのやりとりも弾み、その週末に新宿で飲む約束をしました。
週末の仕事終わりに、新宿の歌舞伎町の方にあるちょっとおしゃれな居酒屋で待ち合わせ。
Bさんは先に来ていました。
ネイビーのスーツがスラっと似合っていて、髪は少しクルっとしている細目の優しそうなお方でした。
既に1杯飲んでいたようで、わたしも同じ生ビールを注文。
Bさんはあまり口数は多くないほうですが、良く笑う、お酒の強い方でした。
いつの間にかビールから日本酒に切り替え、おつまみを少々つまむ程度になり、
わたしもだんだんトロンとしてきたところで、
『なんで俺に連絡くれたの?』
と質問されたので、
『思いっきり、セックスフレンド募集って書いてあったから!』
と答えました。
そうなんです。中にはきれいごとを書かれている方もいるのですが、このBさんはストレートである意味潔かったです。
目的を明確にしてくれているので、わたしも話を進めやすかったです。
その後はもう、場所が場所なので、ホストやキャバ嬢たちに囲まれながら、歌舞伎町のホテル街に消えて行きました。
週末だった為、3軒目でやっとチェックインできたのを覚えています。
それからBさんとセックスフレンドの関係はずっと続いています。もちろん不動産の彼とも恋人関係は続いています。
でも最近Bさんが少し冷たくなってきたので、また新しいセックスフレンドを探そうかなと思います。